弁護士向けWebサイト制作

法律事務所の収益性アップは、Webサイトを有効に活用することで実現できます。

Webサイトを設けることで、以下の効果が見込めます。


信頼性向上

弁護士サイト制作例

インターネットが普及した社会では、Webサイトの有無が信頼性に直結します。

初めて行くレストラン、会社、イベント会場、etc...、まずはWebサイトを見ることが習慣になっていないでしょうか。一般的な企業では、Webサイトが存在しないと、企業の存在さえ怪しまれることさえあります。

弁護士にとってもWebサイトを持つことは同じくらい重要です。また、例えWebサイトを持っていても、見栄えが悪いとかえって悪い印象を与えかねません。すっきりとしたデザインのWebサイトに連絡先や所在地など、基本的な情報が表示した上で、実績を分かりやすく表示することは、信頼性の向上につながります。


専門性のアピール

Webサイトを利用したセルフプロデュースを行い、専門性をアピールすることが可能です。

例えば、専門とする分野の実績やコラムをWebサイトに掲載してみてはいかがでしょうか。サイトの訪問者にとって専門的かつ、有益な情報を提供することでその分野の専門家というポジションを作り上げることができます。

専門分野を明確に打ち出して周囲と差別化することで、特定分野において目立った存在になることができます。


集客

Webサイトを設置すると、そこからの集客も期待できます。

Webサイトが検索サイトの特定ワードで上位表示されるようになれば、一定の閲覧数が見込めます。そのとき、前述の通り信頼性が高く、専門性が伝わりやすいサイトであれば、Webを使った集客も可能でしょう。

また、検索サイトの検索結果ページに表示される広告を利用してみるのも良いかもしれません。ただし、この広告を使うためにはWebサイトを所有している必要があります。


弁護士が増加し続ける現在の状況を考えると、顧客獲得に注力する弁護士には大きなチャンスがあります。そのチャンスを活用する手段として、Webサイトは非常に有効であると言えます。


弁護士向けWebサイト制作に関するお問い合せ